【公式】白川郷の手作り豆腐店。豆富・すったてと白川村の情報をお届け

白川郷のコラム

【2022年】白川郷周辺の紅葉スポット5選 見ごろの時期はいつ?

あつ~い夏のあと、待ち遠しいのは!!!
白川郷は通年違う景色が楽しめるのですが、その中でも秋は特に来てほしいです。

だって、紅葉が綺麗なんですもん!!

シンプルに、ほかに言うことないくらい、美しいんです。
一番魅力的な時期と言っても過言ではありません。

この記事では、白川郷で紅葉を楽しみたいなら絶対に行って欲しい5か所をご紹介していきます。
それぞれの見ごろの時期もチェックしてくださいね。

白川郷の紅葉 見ごろは?場所によって時期が違うので注意!

山間部に位置する白川郷周辺は、場所により標高が違うため、紅葉の時期にも若干の差があります。
早いところで9月下旬、遅くて11月上旬ごろが紅葉シーズンとなるので、白川郷に紅葉を見に行く際は、行くスポットごとの見ごろを事前にチェックしていくと安心です。

ちなみに、白川郷 合掌造り集落(荻町)周辺の紅葉は、例年10月下旬~11月上旬が見ごろの時期です。

各スポットの見ごろは、これからご紹介していきます。

世界遺産白川郷 合掌造り集落の周辺

前述の通り、このエリアは例年10月下旬~11月上旬が紅葉の見ごろです。
合掌造りと紅葉の相性がとにかく良く、古き良き時代にタイムスリップしたような気持ちになります。
目で楽しむのは勿論のこと、是非この時期にしか撮影できない素敵な写真を撮ってくださいね♪

上の写真は、三連合掌と呼ばれる、3つの合掌造りが綺麗に連なるスポットです。
秋の稲刈りの前には、目の前の稲穂が色づき、美しい景色が広がります。
後ろの色づいた山々と三連合掌が見事にマッチ。
三連合掌については、こちらのおすすめ写真スポットの記事で詳しく紹介しています。

三連合掌以外にも、このエリア中の木々や山々が色づくので、町中が見どころと言っても過言ではないほど。

ライトアップで幻想的!合掌造り 民家園

白川郷の村営せせらぎ駐車場のすぐ隣にある屋外博物館 合掌造り民家園
県重要文化財指定の9棟をはじめとする全26棟の合掌造りが、かつて人々が暮らしていた頃の姿のまま移築されています。
中には、白川郷に現存する一番古い合掌造り家屋も残されています。なんと江戸時代中期に建てられたもの!

そんな、白川郷の古き良き暮らしが、屋外博物館となって大切に保存されている民家園では、合掌造りの周りに池やお庭があり、紅葉の季節には木々が美しく色づきます。
荻町と同じく、紅葉の見ごろ時期は例年10月下旬~11月上旬です

紅葉ライトアップ

民家園では、さらにこの紅葉を楽しんでもらおうと、見ごろの時期は日没後にライトアップを行っています。
日中も合掌造りと紅葉がマッチして素敵な空間なのですが、夜は、赤や黄色、オレンジに色づいた木の葉と、合掌造りが夜に浮かび上がるよう。
また違った美しさがあります。

まだ2022年のライトアップ時期は発表されていませんが、昨年は下記の期間行われました。

合掌造り民家園 秋のライトアップ:
2021年10月30日(土)~11月3日(水)18:00~21:00

2022年も開催されるとすれば、紅葉の見ごろ時期である10月下旬~11月上旬だと予想されます。

【アクセス情報】
野外博物館 合掌造り民家園
住所:岐阜県大野郡白川村荻町2499
電話番号:05769-6-1231 
公式HP:野外博物館 合掌造り民家園

秋の風物詩が見れるかも?荻町城跡展望台

白川郷全体を見渡したいなら、ここ荻町城跡展望台がおすすめです。
1年を通じて、白川郷の様々な表情を見ることができる場所ですが、紅葉の時期は格別
長い歴史のある合掌造りの美しさがが、紅葉によりさらに引き立ちます。
こちらも紅葉の見ごろは例年10月下旬~11月上旬。

事前にどのくらいの紅葉の状況なのかを知りたい場合は、是非白川郷ライブカメラを見てみてください!
荻町城跡展望台に設置されたカメラで、1分間隔の写真を見ることができます。
白川郷合掌造り集落ライブ映像

秋の一斉放水訓練とは?

写真は11月上旬に行われる、一斉放水訓練の様子です。
かやぶき屋根の合掌造りは、一度火事が発生すると、火の燃え広がりが早く、世界遺産エリア全体の大火事にも繋がりかねません。
世界遺産である合掌造り集落を守るため、こういった集落をあげた訓練がとても大切。

一斉放水の日に行くと、こんな珍しい景色が見れるかもしれませんね!
※2021年の一斉放水訓練は11月8日に行われました。

【アクセス情報】荻町城跡展望台
所在地:岐阜県大野郡白川村荻町
城山天守閣のそばです。
城山天守閣:岐阜県大野郡白川村荻町2269-1

山の紅葉を楽しむ ホワイトロード

ホワイトロードは、岐阜県大野郡白川村と石川県白山市を繋ぐ、全長33キロのドライブロード。
ホワイトロード全体に絶景が続き、大自然を楽しむことができます。
ドライブが楽しめるだけでなく、複数ある滝を近くで見学したり、車を停めて歩いて散策・登山ができるトレッキングコースもあります。

冬期は閉鎖していて、例年6月~11月が開通シーズン
春も勿論楽しめるのですが、紅葉はまた特別です!

ホワイトロードの見どころは、ここで紹介しきれない程あるのですが、その中でもおすすめの2か所をご紹介します。
見ごろの時期は場所によって違うため、ご注意ください!

三方岩岳

岐阜県側の魅力のひとつが、三方岩岳(さんぽういわだけ)。
標高1,736メートルの三方岩岳は、ちょうど岐阜県と石川県の境に位置し、日本三百名山にも選ばれています。
三方岩岳駐車場に車を停めれば、晴れた日には北アルプスまで見ることができます。
しかも駐車場から景色を楽しむだけでなく、ここをスタートに、三方岩岳山頂まで行くことができるんです。
山頂からは雄大な白山を一望でき、周辺の紅葉の色づきは言葉では言い表せないほどの美しさ。
登山道を通って往復1時間50分ほどのコースですが、ゆっくり紅葉を楽しみたい方にはおすすめです。

紅葉の見ごろ:9月下旬~10月上旬

ふくべの大滝

石川県側の見どころのひとつ、ふくべの大滝も紅葉を楽しめるスポットです。
ホワイトロードにあるいくつかの滝の中でも特に大きく、荒々しい岩肌から水が落ちる様子は力強く、見る者を惹きつけます。
駐車場から滝つぼが近いので、水しぶきが道路にまで飛ぶこともあるそうなのでご注意を!

紅葉の時期には、岩壁の木々の葉が色づき、赤、黄、オレンジなど様々な色が荒々しい岩壁を彩ります。

紅葉の見ごろ:10月中旬~下旬

【アクセス情報】白山白川郷ホワイトロード
白川郷側:馬狩料金所(白川郷I.C.より10分)
通行料:1,700円(片道)※普通車の場合

参考:白山白川郷ホワイトロード ホームページ

どこまでも広がるエメラルドグリーンと紅葉のコラボ 御母衣ダム

白川郷から車で20分ほど南下すると、通り沿いに見えてくる大きな湖は、御母衣(みぼろ)ダムです。
湖水面積は8.8平方キロメートルにも及び、ロックフィルダムという型式のダムの中で、総貯水容量が日本第2位!

普段から天気がいい日には、穏やかなエメラルドグリーン色の湖面がキラキラと輝き、山々の緑と空の青さが相まって、息をのむような景色が広がります。
秋には鮮やかな紅葉とエメラルドグリーンの湖面とのコントラストが更に美しく浮かびあがり、ずっと見ていたい!と思うほど。
飛騨美濃紅葉33選にも選ばれています。

【アクセス情報】御母衣ダム
場所:岐阜県大野郡白川村御母衣周辺

紅葉の時期は渋滞に注意!

前述のとおり、一番魅力的な季節と言っても過言ではない秋は、全国からたくさんの観光客が訪れるため、特に週末は渋滞が予想されます。

白川郷へのアクセスや渋滞回避方法についてはこちらの記事でも紹介しているので、事前にチェックしてくださいね♪

長く楽しめる白川郷周辺の紅葉

ご紹介した通り、白川郷周辺と言っても、場所によって紅葉の時期にもばらつきがあります。
場所や時期によって違った表情を見せてくれるのは、この山間部の白川郷ならでは。
もし秋に白川郷への旅行を計画するなら、是非紅葉も目的のひとつにしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP